QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
やまからうみ
やまからうみ
自然環境の調査・研究と自然体験活動のプラットホーム~自然とひとをつなぐおしごと~
オーナーへメッセージ

2014年11月14日

イヌワシと生き物のつながりを体験するイベント

おばんです

 先週末に山形駅前の大学コンソーシアムやまがたのゆうキャンパスと駅前芝生広場で行われた小学生や子供たち対象のイベントの様子をご紹介します。
 山形大学農学部教授の林田先生はキャンパス内で生き物のつながりとイヌワシの役割などわかりやすく紹介してくれました。
 子供たちからの質問もたくさん出ました。
 また、芝生広場では私と鶴岡市田麦俣の鷹使い松原さんによるイヌワシによる鷹狩りデモとイヌワシの質問コーナーを行いました。
 子供たちには自然や野生生物、イヌワシの保護保全に興味を持ってもらえたかな。
 山形の子供として山形の大学に入り将来を背負って立つ人になる人も出てくるかな。
 大人と子供の思いは違いますからね。
 いつかこの催しや言葉、この体験に気づいて野生生物にとっても良い世の中、良い方向に導いてください。
 よろしくね。







  


Posted by やまからうみ at 19:44Comments(0)

2014年11月08日

大学コンソーシアムやまがた イヌワシ展示

おはようございます

 一昨日から準備して山形駅前の通りにある大学コンソーシアムやまがたのショウウインドォにて、イヌワシやクマタカ、オオタカ、その他の猛禽類の紹介や保護保全に関すること、生物多様性に関することの展示をしています。

 体験グッズもあります。ぜひぜひお越しくださいませ。
 イヌワシになれるポンチョもあります。
 
 週末はここを会場に生物多様性に関すること、イヌワシに関すること、さらに西口駅前の芝生スタジオではイヌワシの実物に会えるイベントを開催します。

 いきもののこと、そのつながりの秘密、イヌワシのこと、そして、イヌワシに会いに来ませんか?
  


Posted by やまからうみ at 08:16Comments(0)

2014年10月24日

2014やまがた環境展へ展示協力

おばんです!!

 10月25-26日にやまがたビックウイングで開催される2014やまがた環境展に展示協力しています。
 本日、ブース準備してきました。山形県みどり自然課の中でイヌワシ・クマタカ等猛禽類や野生生物の保護保全に関する展示・アクティビティを担当しています。

 ①イヌワシ実物大パネル
 ②イヌワシ・クマタカなどの猛禽類の生態と保護保全のパネル
 ③イヌワシ・クマタカ・オオタカの卵のレプリカ
 ④イヌワシ・クマタカの風切羽の実物コピーパネル
 ⑤イヌワシの巣と15日令のヒナのぬいぐるみ
 ⑥イヌワシの成鳥とヒナの子供用ポンチョ
 ⑦いきものつながり生態系ピラミッドの間伐材積み木
 などです。

 その他のブースも楽しみですね。
 皆様お立ち寄りくださいませ。

 

 

 
  


Posted by やまからうみ at 23:41Comments(0)

2014年10月02日

2014 鳥海山麓八森こども自然学校

みなさま こんばんわ やまからうみです
 
 日中は日焼けするぐらいの暑い日射しはありますが、夕方になると風が冷たく感じます。
 長袖が必要ですね。

 東北ではハチクマの渡りも終わりましたね。秋が来るんだな。 そう感じます。

 8月の第一週の土日(2日と3日)に実施した 2014鳥海山麓八森こども自然学校の様子を写真で見てくださいな。
 少し遅れての紹介ですが、少し涼しくなった時に見るとあの暑かった夏のことを思い出してなつかしんだり、少し寂しい気持ちになっている人も楽しく明るい雰囲気になるでしょう。

 自然学校は参加者と実行委員会を形成しているスタッフ、協力者や協力会社、協力団体の結びつきと協力、つまり「結い」で成り立っている催しです。
 今年もその「結い」で大きな事故なく終了することができました。
 ありがとうございました。
 
楽しく、そして子供たちが、親子が自然の中に溶け込む第一歩、きっかけづくりになったでしょうか?
自然の中で大きなスイカやメロンを食べたね。流しそうめんもおいしかったかな?
 
 子供も大人も元気に遊び、学び、いっぱい食べてるそんな笑顔がみんな素敵でした。

 無事終了したわけですが開催側として反省する点は多々ありました。
 参加者、スタッフから様々な改善点を指摘していただきました。
 次の開催に活かすためフィードバック会議も充実したものになりました。
 
 また次の開催も「結い」の協力体制でさらに充実したよい催しとなればと思います。
 よろしくお願いいたします。

 2日のキャンプにて
 


 


 みんなでカレーライス 「んめ!!」


夜の読み聞かせ会 心を落ち着けてね☆
 


 3日のアクティビティ前の集合でーす
 


 ネイチャーゲーム
 


 川遊び
 

 

 
 スイカもそうめんもたくさん食べたよ
 

 

 


 今年も楽しかったね☆☆☆
 
  


Posted by やまからうみ at 21:50Comments(0)

2014年09月19日

☆コウモリ観察会 実施しました☆

こんにちわ やまからうみ です。
 
 先日 コウモリ観察会を実施しました。

 参加者の皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

 とても楽しく展開することができました。
 事故・怪我なく安全に終了できたのは皆様のおかげです。
 いろいろなことをフィードバックしながら次回も楽しく展開していけたらと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 観察会では コウモリの絵本づくりと生態学習、クイズ、いろいろなコウモリ絵本の読み聞かせ、コウモリと蛾のネイチャーゲームと、こうもり釣り(本当に吊り上げるものではなく、餌の昆虫に見立てたイミテーションを竿にぶら下げてコウモリを上手く誘引する遊びを試みました)、バットディテクターでコウモリの出す超音波を人が認識できる音に変えて聴いてみたりと様々なアクティビティを盛り込みました。

 最後のじゃんけん大会では参加者最年少の女の子がコウモリの科学絵本をゲットしました。

 夕暮れ時の空と雲が本当に美しく、星の観察も組み合わせたいねとフィードバックミーティングで話し合われました。

 観察や誘引、そして音を聴くことができたコウモリはアブラコウモリ、キクガシラコウモリやコキクガシラコウモリ、ヤマコウモリ、川面で餌を食べていたモモジロコウモリでした。

 みんな私たちの身近に暮らす里山の仲間たち。
 動物たちの息吹はすぐそばで感じることができます。
 コウモリは生き物のつながりの重要な構成員だよね。
 虫とも住処の樹木や洞窟などともつながっていることがわかったね。
 みんなが目にする自然の中に住んでいます。
 
 顔は怖くないよ。コミカルで愛嬌があると思えば楽しいよ。
 かわいいコウモリをこれからもよろしくね。
 夕暮れの空に飛んでいるよ。

みんなコウモリの仲間入り 


コウモリクイズ コウモリの手(指)と足はどこにあるかな


世界のコウモリ絵本の読み聞かせ


ネイチャーゲーム コウモリと蛾


コウモリつり 上手くひきつけられるかな
  


Posted by やまからうみ at 09:58Comments(0)

2014年08月31日

~^。。^~コウモリの観察会を実施します!!

皆様、おばんです。やまからうみです。

 9月13日(土)にイヌワシの森倶楽部が主催して「コウモリを楽しむ観察会」を実施します。子供たちや親子を対象とした観察会です。
 チラシ縮小版を添付します。
 
当日は
①コウモリのオリジナル絵本の紹介
②コウモリクイズ
③絵本の読み聞かせ
④コウモリのネイチャーゲーム
⑤コウモリの観察
 
など楽しい活動がたくさんあります。
 
時間は16時集合で19時までの活動です。
 
参加費はひとり300円(未就学児無料)です。

申し込み締め切りは9月11日(木)まで。定員は親子など20組です。
 
暗くなってからの活動もありますので未就学のお子様の参加は保護者もご参加くださいね。
 
また、肌寒い季節になってきました。気候に合わせた服装でご参加ください。
 
当方で飲み物・おやつも用意しますが、ご家庭から個人用にあったかい飲み物等用意されると安心かと思います。
 
ではチラシもご覧ください。
 
また、お問い合わせは
 メールmakotaka@purple.plala.or.jp
 携帯電話090-8700-2690(たかはし)

までお願いします。



  


Posted by やまからうみ at 00:44Comments(0)

2014年06月02日

むかしむかし

こんばんわ

そとではトラツグミが鳴いています。

 2月からブログサボっていました。やっとこさ寝るまでのこの時間に新記事投稿します。
 
 2月~5月も自然体験活動や観察会、野生動物との交流会、授業講義、講演会活動、森林活動指導者への講義など続けてまいりました。
 
 また、鳥類調査や猛禽類生態研究も今年の繁殖シーズンのリサーチに入ってきています。
 
 思えば私が自然環境や野生生物に触れ合ったのは幼少からですが、小学校の低学年時代がもっとも好奇心と行動的にあふれていたのだと思います。

 町の中でも田舎のエリアに家が建ち引っ越したため、小学校1年にしてみれば本当にロングロングトレイルを歩きました。
 
 おかげで体もがっつり鍛えられました。
 
 春夏秋冬通学し6年生までその毎日の長い道のりの中の自然体験が今の基礎になっていると思います。

 休みの日は家の周辺の野山で遊び、時にたくさんの友達が遊びに来てくれてみんなで自然体験や生物採集や観察するために案内しました。
 
 こども時代は自然にふれあい、生物採集や観察を通し大地を意識しながら自然や野生動物の尊さを知り、敬うココロをつくることができれば最高の感動や幸せを味わうことができると思います。

 大人になってもその感覚は変わらずココロとコトバとその行動にあらわれるでしょう。

 むかしむかしの「やまからうみ」です。
 ちょうど小学校開校100年記念のパレードに参加中、1年生です。

 自然環境に対する思いは昔も今も変わらない純粋な気持ちにあふれています。
 
  


Posted by やまからうみ at 00:06Comments(0)

2014年02月11日

イヌワシのちぎりえ

こんばんは

 イヌワシの森倶楽部では2月22日土曜日「ふゆのこどもしぜんあそび」という体験活動を実施しますが、その中では温泉施設ゆりんこのお部屋を借りて室内でのアクティビティーも考えています。
 
 いっぱい外で遊んだあとは、室内で「ちぎり絵」を描いてもらおうと思っています。
 
 折り紙ややご贈答品の包み紙などを使って「イヌワシのちぎり絵」を創ってみたいと思います。
 
 他のものを描いてみても楽しいですよね。
 
 とにもかくにも当方でも折り紙やその他ちぎり絵に使う紙は用意しますが、ご参加の皆様は各自気に入った色の紙やいろいろな包み紙など持ってきていただいて描くのもまた楽しいかと思います。

 ぜひぜひご参加ください。

 他には雪の中のネイチャーゲームや絵本の読み聞かせもあります。おやつ、飲み物、温泉券つきです。

 詳細内容や参加費などはこのブログでも紹介しています。

 このイヌワシちぎり絵は去年の夏に南三陸こども自然ワークショップで仲間の卓ちゃんがこどもたちにアクティビティとして紹介していたものです。

 楽しくて私も夢中になり描きました。こんな感じです。
 
 
  


Posted by やまからうみ at 01:06Comments(0)

2014年02月08日

☆野生と仲良く☆-イヌワシ体験と学び-環境工房リンクスとコラボ

こんにちは☆
 2月7日、鶴岡市朝日地区の朝日保育園にて環境工房リンクスの上山剛司さん主催の催しに講師として鷹使いの松原英俊さんとイヌワシの「崑崙(コンロン)」と共に参加しました。

 前半は雪原でイヌワシの狩りの様子を再現した活動。
 後半はイヌワシや野生動物の生態や自然の大切にしてほしいところや守るところ。仲良し(共存)になってほしいことなどを伝えました。

 いつものことですが私が勉強することや気づくことが多く、エネルギーをもらってきます。
 
 そして、さらに生き物や自然のつながりや、活動やるにあたってお世話になる人のつながりなどを考えて、人はひとりでは生きていけない。世の中のみなさんに支えられて生きているとつくづく思ってしまいます。

 ありがとうございます。

 活動のひとこまです。

 

 

 
  


Posted by やまからうみ at 10:16Comments(0)

2014年02月04日

☆イヌワシや野生動物を考える自然体験活動実施しました☆

こんばんは

 1月27日と28日に酒田市内の小学校と幼稚園にてイヌワシや野生動物や森のことを考える体験活動を実施しました。

 この幼少時期に自然のことを考えたり体験活動を通して野生動物の大切さや自分達が立っている大地の恵みのことを考えることは大事なことです。

 また、自分達のふるさとにこんなに誇れるものがあることをじっと考えたり、ふるさとを見つめなおすことは大切なことです。
 いつかいろいろなことに「気づく」ときがくるでしょう。

 
 また、この活動を通して、そばにいる大人の方にも考えてほしいことがあります。そして、児童たちにそっとそのココロやオモイを伝えてほしいと思います。

 鷹使いの方がすえているイヌワシの「確かに生きているという動作」を見たり、野生動物の暮らしぶりを見たりするとその思いに「感動」するという気持ちが先に出てきます。しかし、そこから一歩踏み込んで、この大地で共に棲んで「共存」しているという責任も人間は背負っていることを考えてほしいと思います。
 
 当然ながら人間だけがこの大地に暮らしているわけではないのですが私達はアスファルトの上で生活し、決まった生活空間にいると野生生物が地域の中でまたはこの国土の中に生きていることを忘れがちですし、その接点もありません。

 人間が生きていくためには「食べます」し「住みます」。そのほとんど全てが生物から提供されたものです。
 どこかでつながっているのです。

 だからいろいろと考えてほしいし決して忘れてほしくないことです。

 みどりと実り豊かなふるさとの風土を子供達には大切にしてほしいと思います。

 いつか旅立っても思っていてほしいと思います。

 活動のひとこまです。

 イヌワシポンチョ親鳥と雛を着る児童
 イヌワシの羽を持つ(振る)児童
  


Posted by やまからうみ at 23:10Comments(0)

2014年01月31日

☆冬のこども自然あそびのお知らせ☆

☆こんばんは☆

 イヌワシの森倶楽部では2月22日土曜日に「ふゆのこどもしぜんあそび」を開催します。
 
 会場は酒田市やわた地区の舞鶴公園と温泉施設ゆりんこです。
 親子でご参加ください。3才程度から楽しく遊べるイベントです。

 ①舞鶴公園で雪の中のネイチャーゲーム!!
 ②ゆりんこの部屋で「ちぎりえ」づくりをやってみよう!!
 ③絵本の読み聞かせ

 雪の中やお部屋で楽しく遊びましょう。
 遊んだあとは温泉に入ってあったまりましょう。
 
 大人600円、子供は3才以上は200円、3才未満は無料です。
 (おやつ・飲み物とゆりんこ温泉券付きデース!!)
 
 申し込みはチラシを見てね。

 
  


Posted by やまからうみ at 21:10Comments(0)

2014年01月23日

* v * イヌワシ ポンチョ * v *

こんばんは

 仲間のたくちゃんから「例の届きました!!」と言われ箱の中を覗いたらすごいものが届きました。

 私は昨年、南三陸こども自然ワークショップにスタッフとして参加しました。
 そこで大阪市立自然史博物館のなにわホネホネ団の代表の西澤さんたちが鳥の姿のポンチョ(このときはカワセミだった☆)を手作りして、大人が着て、参加者と楽しんでいるいるを見て、イヌワシのポンチョほしいなーと思い、たくちゃんと西澤さんに作成してほしいとお願いし約束しました。
 イヌワシのポンチョがあればイヌワシを子供達に紹介する際にすごく楽しく、わかりやすく、親しみやすいと考えました。まず、自分が楽しい。
 
 夢はかなうもので箱の中身はイヌワシ成鳥と雛のポンチョでした。
 
 地球環境基金という助成金で作成されています。
 
 1月下旬、「イヌワシと森と野生動物と子供達との交流会」をイヌワシの森倶楽部で企画しています。
 早速、活用させていただきます。
 ありがとうございます。

  


Posted by やまからうみ at 23:40Comments(0)

2014年01月23日

☆函館へ帰省☆

こんばんは

 年末年始は函館に帰省していました。教会にも行ってきました。
 本年も宜しくお願いいたします。
 皆様健康で楽しい一年でありますように



  


Posted by やまからうみ at 23:10Comments(0)

2013年11月27日

☆イヌワシの森倶楽部 11月催しの報告(やまがた さかた)☆

こんばんわ

宣伝していました2つの催しが終了しました。

 11月9日やまがた大学コンソーシアムが主催し、展示協力と講師協力したイヌワシイベント(山形市)と11月23日に主催した鳥海山麓里山フォーラム(酒田市)の写真を掲載します。

 イヌワシイベントではイヌワシがニワトリを捕らえる実演も行なわれました。

 里山フォーラムでは東北芸術工科大学の三浦秀一先生から地域資源を活かした再生可能エネルギーのお話をきかせていただきました。
 また、パネルディスカッションでは地域資源を活かした取り組みと再生可能エネルギーの利活用と題して
三浦先生、
環境省猛禽類保護センター 水落朋子 自然保護官、
酒田市議会 後藤泉 議員、
鳥海やわた観光㈱ 鳥海高原地区支配人 佐藤武さん、
エネシフヤマガタ所属 地元やわた地区農業家 佐藤良平さん
にパネラーをお願いし展開しました。
コーディネータは高橋誠です。

 森林を人間活動や木材生産、エネルギーとして使いながら継続循環させることで生物多様性も維持して健全な環境を保つこと、普及啓発活動を含めて取り組みやすいことからはじめることを確認しました。

 10月から11月は催しやハプニングが多く大変な日々でした。

イヌワシイベント




鳥海山麓里山フォーラム 三浦秀一先生 講演




鳥海山麓里山フォーラム パネルディスカッション

  


Posted by やまからうみ at 00:14Comments(0)

2013年11月05日

☆☆イヌワシの森倶楽部 夏から秋の展示活動 ☆☆

☆こんばんわ☆

 イヌワシの森倶楽部では環境保全・環境教育・自然体験活動・普及啓発活動の一環として、イヌワシ他猛禽類の保護保全の取り組みや野生動物の保全、共存策などを示したディスプレイやふれあいのできる体験グッズをいろいろな施設や機会を活用させていただき展示させていただいています。

 鶴岡市の自然体験教育交流施設の「ほとりあ」さんでは今年の夏から秋に掛けて猛禽類の展示を展開させていただいています。
 猛禽類のことを知ってもらうこと。
 ほとりあ周辺の猛禽類のこと。
 猛禽類やその生息環境を守るには。
 などなど基本的な内容のパネルや絵本・体験グッズで楽しく展開しています。

 10月末には、「2013やまがた環境展」にて山形県みどり自然課のブースで、イヌワシの森倶楽部作成の点字付きの間伐材の積み木型生態系ピラミッドを展示していただきました。
 来場した親子などが遊んでいったようです。

 同じく10月末に山形県酒田市八幡地区文化祭があり、その一角のブースを貸していただき活動PRや体験グッズを展示させていただきました。
①「点字付き間伐材生態系ピラミッド」
②「点字付き野鳥ずかん」
③「猛禽類保護保全共存パネル」
④「コウモリ実物大ワッペン」
⑤「体験グッズ野生動物かくれんぼ」
⑥「猛禽類たまごレプリカ」
⑦「イヌワシ実物大シート」
などなど楽しく、学んでもらう工夫をしました。

 少しずつ少しずつですが、イヌワシや猛禽類、野生動物のことやその大切さ、自然環境とその保全のこと、スポットの当たりにくい日本の自然の大切さ、森林や資源の有効活用のこと、共存し続けなければならないという考え方などなど啓発していければと思います。
 
 いっぺんには伝わらないし、楽しくないとね。
 本心で「これってたいせつなんだなあ」と思わないとね。

 ゆっくり少しずつですが取り組んでいきます。
 
 展示の様子を写真でどうぞ
 
 ほとりあの展示
 


 2013やまがた環境展での展示


 酒田市八幡地区文化祭の展示


  


Posted by やまからうみ at 22:54Comments(0)

2013年10月15日

☆イヌワシの森倶楽部 関連イベントご案内・ご紹介☆

 ☆おばんです☆

 イヌワシの森倶楽部が主に関わり、11月に開催されるイベントについてご案内・ご紹介ポスターを掲載いたします。

 どうぞご参加・ご紹介くださいませ。

  



  


Posted by やまからうみ at 22:21Comments(0)

2013年10月08日

鳥海山麓 里山フォーラムⅣを開催いたします

こんにちは 

イヌワシの森倶楽部が事務局をする催しを紹介いたします。

 来る2013年11月23日(土曜日)、酒田市やわた地区にあります八幡タウンセンター交流ホールにて「鳥海山麓 里山フォーラムⅣ」を開催いたします(13:00開場予定)。

 主催:鳥海山麓 里山フォーラム実行委員会。

 入場無料です(お車は同タウンセンター向えの大駐車場をご利用ください)。

 鳥海山に育まれている麓の街「やわた」の自然文化のあり方や未来のすがたを考えるフォーラム第4弾を開催します!!

今回は東北芸術工科大学 建築・デザイン学科准教授で工学博士の三浦秀一先生より、「再生可能エネルギーは地域の資源で、地域が主体になって、地域のために」というタイトルで講演していただきます。

 エネルギーの地産地消、小さなコミュニティでも取り組める再生可能な自然エネルギー、森林等地域資源の有効な活用など、その取り組みの様子、地域での利活用の仕組みや仕掛け、その方法などについてもご講演いただくとともに会場一体となって論議し考えていきたいと思います。

 第一部は三浦秀一先生のご講演、第二部をパネルディスカッションといたします。
 
 パネルディスカッションでは、あらかじめ来場者の方々にアンケートにお答えしていただいたその内容を集計し、さらにパネラーの方々のお考えもプラスして地域資源と自然エネルギーの活用等の議論を進めてきたいと思います。

 地域の森林を利活用し森づくりを長く続けていくことは生物多様性の維持や野生動物の生息地の保護保全につながり、鳥獣被害や出没被害を防ぐともいわれています。
 人間と野生動植物との共存関係を保つことにもつながります。
 
 地域資源の適正で有効な利活用は人間と自然とが調和のとれた良い地域社会、活力のある地域となるはずです。

 興味・関心のある方にお越し頂き、聴講のうえ、当日、ご意見・ご感想を述べていただければと思います。

 なお、本事業は山形県みどり環境税 県民みんなで支える森・みどり環境公募事業の助成金活用して「イヌワシの森倶楽部 やまからうみ ネイチュアフィーリングⅣ」という事業で展開します。
 
 宜しくお願いいたします。

 
人も動物も自然の恵みの中に暮らしているのです。

  


Posted by やまからうみ at 15:16Comments(1)

2013年09月22日

^..^ コウモリを楽しむ観察会開催しました^。。^

 こんばんわ

 本日、コウモリを楽しむ観察会を開催しました。
 
 前半は鶴岡市から環境教育工房リンクスの上山剛司さん達にコウモリのすがたや生態をおはなししてもらいました。
 クイズ、読み聞かせ、コウモリとガの関係を体験できるネイチャーゲームなどで子供から大人まで楽しんで学ぶことができました。
 35種類もいることにみんなびっくりしていました。

 後半は日向川の河川敷・土手のフィールドでコウモリを感じる観察会を実施しました。
 
 バットディテクターも2台使ってコウモリの出す超音波を音で聴いたり、竿に餌に似せた毛糸をつけてコウモリが寄ってくるように誘ったりもしました。

 みんなコウモリを見ることができました。

 コウモリはどんな風に飛ぶのかな
 コウモリはどんなとこを飛んでいるの
 飛んでいるときにどんな風に動くの
 なぜ飛んでいるの
 えさは何を食べているの

 など疑問をフィールドで見て・聞いて・体感して少しずつわかっていきました。

 再びレクチャールームにもどって大人と子供にわかれてじゃんけん大会をして勝ち残った人がハロウィングッズを手にしました。

 最後に今年の参加賞のウサギコウモリのワッペンをもって記念撮影です。

 森や身近に棲んでいるかわいい生き物コウモリを楽しんでくれてありがとう。

 カやブヨが多くてさされてしまったちびっ子達や父兄の皆様、お大事にしてください。早くかゆいのとれるといいね。

 写真を掲載します。
 見てくださいね。スタッフ含め43名の参加でした。

 安全対策や会場等の都合上参加を見合わせていただいた方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 また、機会を作りまして観察会を実施したいと思います。
 ぜひ、また、参加していただければと思います。
 ごめんなさい。

 読み聞かせの様子


 ネイチャーゲーム コウモリとガ


 コウモリを感じる観察会


 みんなで記念撮影
  


Posted by やまからうみ at 00:00Comments(0)

2013年04月09日

サトノヤマ-たのしいあさ-

 ☆皆様 おばんです☆
 ☆久々の更新です☆
 2012年度もありがとうございました。
 そして2013年度が始まりましたね。
 また、宜しくお願いいたします。

 

       サトノヤマ -たのしいあさ-

 眩しい 朝だ 鳥の声 セミの声 水路の流れる音 
 全て朝になっている
 
 起きよう 外に出て深呼吸 空は青い 太陽はあっつい
 
 あさのごはん おいしいなあ あさははらぺこだあ 
 いっぱい食べよう

 つっかかりながら靴を履く タモとケースは忘れない 
 全力疾走 川に向かう 
 
 途中のクズの草むらでカンタンを見つける 
 透き通った羽がきれいだなあ
 
 河原に下りる もう魚が見える 
 エビも走ってはとまりせわしない
 
 川に入る 一瞬でみんないなくなる 
 近くにいたアオサギとダイサギは飛び立つ
 争うように石にとまった
 
 水面にタモをいれガサガサ タモをあげる 大漁だ
 アブラッパヤにウグイ スナヤツメ スジエビ 
 カワヨシノボリ ギンブナ シマドジョウ
 つぎっ ドジョウにハグロトンボのヤゴ 
 オニヤンマのヤゴ カジカガエルも入ったよ

 里野山の朝 音と眩しさから始まる 里野山の風景 
 虫や鳥の声がきこえる
 
 豊かな森もいいが田んぼがある 野山がある 
 川で泳ぎ ざっこしめできる里野山がいい
 
 ゆっくりとゆったりと風が吹く 
 
 子供たちは朝から忙しくせわしない
 汗がヒカリ その色は緑にそして黄色に輝く

 心をはぐくむ ひらめきと気づきをくれる里野山
 
 毎日変わらずに訪れる朝 
 笑顔の朝 
 里野山の朝は楽しい

 

   


Posted by やまからうみ at 01:36Comments(0)

2013年02月02日

0{v}0ハヤブサDVD(EFP製作・著作) 頒布開始!!

☆皆様!!こんばんわ☆
 
 昨年12月末に(有)エデュエンス・フィールド・プロダクションより、ハヤブサの生態に迫る映像と研究成果を盛り込んだDVDが頒布開始されました。紹介いたします。

 内容はハヤブサの飛翔能力、そのスピードに迫る解析映像、繁殖経過、様々な角度から撮影された迫力満点のハンティング、タイムラプスでの巣内部の様子、特に産卵や抱卵の様子。雛と親との様子などの映像の他、長期間にわたる複数つがいの生態研究から得られたデータのまとめ、解析結果が文献として映像とブックレットに収められています。
 また、ハヤブサの置かれている現状や保全対策への提言も映像から、そして、プロデューサーの米川洋氏がつむぎ出した言葉から伝わります。
 
 米川洋氏はハヤブサ研究の第一人者です(ハヤブサ研究グループ)。
 国内のハヤブサの生態や分布に関する調査研究、保全活動のみならず海外の研究者と共同で調査研究、保全活動に力を注いでいます。
 
 今回頒布されたDVDではその調査研究成果の貴重な一端について一般の方々にもとてもわかりやすく紹介しています。
 
 細部までのこだわりは同プロダクションで頒布している「オオタカ」や「チュウヒ」のDVDに続き研究者やフィールドマンをうならせる魅力的な作品となっています。
 
 映像は強さとしなやかさと速さ・鋭さをあわせもつハヤブサを余すところなく追跡撮影し続けています。凄い!!
 また、圧倒される内容で来たなっ!!という感じです。
 
 以前も書きましたが、書籍では表現できないもの、圧倒的な征服感がありますね。いろいろなものを出しすぎちゃっているなとも思い、もったいないとも思います。
 
 鳥類の中のハヤブサという種の紹介、複数つがいから得られた様々な生態データや分布データ、餌に関するデータ等はなかなか統一した方法で取得・解析できるものではないし、それらをまとめたものは学術データとして非常に高く貴重です。
 
 すばらしい生態映像とともに野鳥・猛禽類ファン、フィールドマンはもとより、調査・研究者の文献としても役立つと考えられます。

 「ハヤブサについてまとめられた生態映像学術書」といってもいいのではないかと思われます。

 「チュウヒ」や「オオタカ」でも言い表しましたが、これからの時代は書籍や文献と、生態DVDを別に購入するのではなく、一緒に収められている同社のDVDのようにな表現方法が必要なんだと思います。

 私が住む山形県庄内地方沿岸の岩場でも繁殖するハヤブサ。
 また、市街地の高見から獲物を狙うハヤブサ。
 四季を通して様々な場所で観察できます。
 知っていましたか?
 ハヤブサは生息しているエリアの生態系(生物多様性)を健全にそしてバランスを保つ役割を担っています。
 
 人間とハヤブサのような猛禽類とは今までもこれからも同一地域内に暮らしていくわけですから、お互い密接な、そして良好な関係を維持しながら「共存できる」ように「バランス」を考えて、さらに人間はどちらかに偏ることなくバランス感覚を恒に鍛え、油断なく自然と共に生活していかねばなりません。
 
 自然をコントロールしているのは本来は地球の大地なのに、人間がここまで関与し、人間だけがすばらしい生き物だと勘違いして「人間だけに」、そして「見た目だけに」世界の財力を投じて生きてきたのですからね。これからは考えましょう。
  
 DVDの頒布は
 〒079-8401北海道旭川市秋月1条2丁目1-6
 tel / ファックス0166-47-5537
 (有)エディエンス・フィールド・プロダクション
第2編集室

 そして、山形県では
 〒999-8231山形県酒田市麓字荒町13-2
 tel/ファックス 0234-64-2932 / 090-8700-2690
 イヌワシの森倶楽部(高橋)まで

 DVDは1枚4500円(税込み)となっています!! 
 送料等はお問い合わせください。
 ブログ「やまからうみ」でも受け付けます。
 その場合はご電話等連絡先を教えていただき、こちらからの連絡後、所定の手続きを経てからの発送となります。
 全国どこでも地方発送します。

 アマゾンでも購入できるようです。ご利用ください。

 ではでは

DVDと映像

  


Posted by やまからうみ at 02:38Comments(0)

2013年02月02日

☆「いぬわし・らぼ」酒田まちなかPR館に出展してます☆

こんばんわ☆☆☆

 イヌワシの森倶楽部では、山形県酒田市まちなかPR館(開館時間10時~17時)にて、本日2月1日より月末まで(2月末)「いぬわし・らぼ」に調査研究、自然体験、野生動物保護、環境保全等の展示をしています。
 
 内容は
①イヌワシの調査研究について(日本イヌワシ研究会パンフ、グラフ、ポスター掲示)
②イヌワシの森倶楽部で取り組んでいる自然体験活動の様子
③作成している絵本(イヌワシ、コウモリ)
④コウモリ展示
⑤生物多様性ピラミッド(点字付)
⑥点字付き野鳥図鑑
⑦森の標本箱
⑧イヌワシ・クマタカの羽
⑨イヌワシの卵の模型
⑩日本の野生動物のぬいぐるみ
⑪やまがたみどり環境税の啓発ポスターと素敵な間伐材利活用コースター(授産施設製作)
⑫普及啓発書籍(調査研究・普及啓発・絵本・写真集・図鑑)

などなどです。

みなさん覗いていってくださいな。

お問い合わせは当ブログ「やまからうみ」でもいいですし、イヌワシの森倶楽部代表高橋誠(090-8700-2690)まで

本日の展示状況(まだ、普及啓発書籍設置してません....)

  


Posted by やまからうみ at 00:26Comments(0)

2012年11月08日

★南三陸町こども自然史ワークショップ★ 

★おばんです★

 10月中旬、宮城県南三陸町で実施された南三陸町こども自然史ワークショップにスタッフとして参画してきました。

 当日はこどもたちを中心に親子から大人まで大勢の自然や生き物が好きな人たちが集まってきました。
 
 

 私は仲間のたくちゃんと共に、南三陸町の鳥であるイヌワシの体験ブースを展開しました。

 それぞれのブースはこのイベントのために全国から集まったスタッフです。
 博物館の学芸員さんやその施設のボランティアスタッフ、NPO団体の方々、大学生やNTT職員、研究機関の方々、大学の先生など多種多彩な人材、顔ぶれで専門的な内容をこどもたちにわかりやすく、噛み砕いて、楽しく、そして勉強になる体験が満載でした。
 
 
 私も十分楽しんで勉強しました。

 津波で甚大な被害を受けた地域の方々ですが、とても明るく、気丈な「やまからうみの民」だと感じました。

 それを盛り上げようと全国から集まったスタッフも元気な明るい方々ばかりでした。

 また、お手伝いし、地域の方々やこどもたち、そして、全国から集まるスタッフと交流を深めながら復興の後押しを微力ながらお手伝いしたいと思っています。

 


 


 


 


 
  


Posted by やまからうみ at 21:17Comments(0)

2012年10月29日

☆父と子供の自然体験、文化祭展示、コウモリ観察会☆

 10月27日はいろいろな活動が重なりました。

 父と子供の自然体験活動についてはたくさんの楽しい自然に出会い触れ合うことができました。
 
 文化祭展示では特に体験グッズコーナーが人気でした。

 コウモリ観察会ではバットディテクターでコウモリの声を聴いたり、竿にアタックされた参加者もいました。
 楽しみながらコウモリの生態やすんでいる自然のことを学ぶことができました。

 


  


Posted by やまからうみ at 12:31Comments(0)

2012年10月26日

★酒田市文化祭参加と「おとうさんとこどもの自然体験活動」支援

おばんです!!

 明日10月27日、午前中より酒田市市民文化祭が開催されます。イヌワシの森倶楽部もブースをわけていただき活動報告と情報交流、自然体験グッズの展示を行ないます。
 明日、展示開始しましたら写真を撮影し状況をブログで紹介したいと思います。

 また、ほぼ同時刻で酒田市八森自然公園にてお父さんと子供の自然体験活動の講師をつとめます。
 普段、子供と交流の少ないお父さん。
 連休の1日間、こどもとコミュニケーションをとり、心通わせる絶好の機会となるでしょう。
 こちらもいろいろな仕掛けやゲーム、記念品を考えています。いろいろなアクティビティを通して良い思い出となるよう一生懸命準備していきます。
 どうぞ宜しくお願いいたします。



夏に実施した川の楽校(若草幼稚園)での自然体験のひとこま
  


Posted by やまからうみ at 23:53Comments(0)

2012年10月22日

★コウモリ観察会を開催します★

皆様、ご無沙汰しています。やまからうみです。

 10月27日(土曜日)16:30から1時間程度の予定で★「コウモリ」を楽しく観察しよう★観察会を実施します(写真の案内を参照してください)。

 集合は山形県酒田市八幡地区にある「酒田市八幡タウンセンター」前に16:00集合です。

 参加費は300円(保険代・資料代)です。

 今年で3年目の観察会です。毎年、コウモリの飛翔の様子やバットディテクターで声を聴くことができています。

 かわいい哺乳類であるコウモリをみんなで観察しましょう。餌を食べる様子も観察できますよ。

 
 参加者には「こうもりふぃーるどのーと」という手作りの絵本もプレゼントしています。


 当日は寒くなると思いますので暖かい服装と暖かい飲み物等ご持参されることをお勧めいたします。

 この活動は山形県みどり環境税助成事業の一つとしてイヌワシの森倶楽部が実施します。

 お問い合わせ・参加申し込みは(高橋誠090-8700-2690まで)お願いいたします。


 
 
  


Posted by やまからうみ at 18:08Comments(0)

2012年03月16日

~(ovo)~フクロウの巣箱を贈りました☆☆☆

こんばんわ

 先日、南三陸町ハデンヤで宿を営んでいた、仲間のたくちゃんにフクロウ用の巣箱を贈りました。
 昨年度、購入していただいたのですが、津波で流されてしまって....。

 まずはフクロウやいろいろな動物たち?にも利用してもらい野生動物の住処の復興の足がかりと、それを観察して、皆さんに「心地よい気持ち」になっていただければいいですよね。
 
 共に生きている自然の中の仲間たちとたくちゃんが仲良くすることや、たくちゃんの周りに集う人たちの笑顔や癒しになればいいなと思って願っています。

「らんきたげでわったわた走るべや」

 
  


Posted by やまからうみ at 23:56Comments(0)

2012年02月25日

今年度の鳥海南麓の「イヌワシの森」の様子

 今年度の鳥海南麓の「イヌワシの森」は2005年にイオン環境財団から助成を受けて間伐したスギ林の間伐列の下草を刈り込む列、残す列を設定し、植生の動態、ノウサギ等野生動物の利用状況、イヌワシの餌探索行動にどのような差が出るのかを実験しています。
 その効果についてはこれから蓄積されていくこととなります。
 
 イヌワシの森の様子2011年11月
 
 下草を刈り込み天然更新の保育を施した列の様子
 


 下草を残したままの列の様子
 
  


Posted by やまからうみ at 00:42Comments(0)

2012年02月25日

☆やまがた森林インストラクター会で講演してまいりました☆

 2月第二週の日曜日、やまがた森林インストラクター会の集まりで講演してまいりました。
 当日はイヌワシと森と人とをテーマに野生生物との共存を探るという内容でお話いたしました。
 イヌワシの現状、調査研究、生態映像、保全事例、啓発活動等いろいろな切り口から実例、実践例を紹介させていただきました。
 講演やイヌワシの紹介機会を与えて下さり団体の方々にはお礼申し上げます。

 
  


Posted by やまからうみ at 00:22Comments(0)

2012年02月25日

☆やまがた緑環境税事業 庄内森づくり報告会 参加☆

 2月最初の日曜日、やまがた緑環境税事業で実施された庄内森づくり報告会に参加しました。
 イヌワシの森倶楽部はこの公募助成で自然体験活動・普及啓発活動を展開しています。
 当日はポスター展示とトークセッション、自然体験グッズの紹介、そして活動発表をしてきました。
 
 今年は3,776名の方々に体験・啓発活動できました。
 活動の様子・活動の概要のレジュメを添付します。
 来年度も助成していただければいいなと思っています。
 
  


Posted by やまからうみ at 00:12Comments(0)

2012年01月06日

本年も☆やまからうみ☆宜しく☆お願いいたします

 皆様 昨年はお世話になりました。本年も宜しくお願いいたします。
 本格始動は11日からですが文献調査や活動企画、フィールド機器・機材選定アドバイス、書籍・DVD紹介とレファレンス、頒布等は随時行なっています。その他、デスクワーク的なことは始動していますのでなんなりと要件・質問、その他連絡をいただければと思います。
 
 今年も野生動物・自然環境と人をつなぐ、人間社会との共存を考えた、将来をしっかりと見据えた調査研究活動、教育普及・啓発活動、自然体験活動サポートプロジェクト、政策への提言活動を実施していきたいと思います。

 
  


Posted by やまからうみ at 00:21Comments(0)